スポンサードリンク

梅雨明け後の天気とインドの哲学。

なますかー。
インディーです。

今回もトレンドに乗っかって見ようと思います。

テーマは

梅雨明け後の天気

ですね。

それにインド哲学的な話を盛り込めたらなぁと思います。

梅雨って雨がすごいですよね。

夕立(ゆうだち)というか、
最近の言葉でいうとゲリラ豪雨ってやつ。

傘を持っててもほとんど意味ないくらいに雨に濡れちゃうわけですけど、

どうしても

「あらぁ、雨だわ、いやんなっちゃう!」

なんてこと思っちゃう人も多いのではないでしょうか。

だけどもですね。

実は、
インドでは

雨ってとても喜ばれるもの

なんです。

知っていましたか?

喜ばれるんですね。

だから、
梅雨明け後のカラッとしたお天気よりは、
雨が降ってる日の方が
インドの人は嬉しいかもしれませんね。

だけど、
なんでインド人は雨が喜ぶべきものだと
考えているのでしょうか?

僕の友達のインド人が日本に遊びに来た時なんか、

雨が降ったらよろこんで、
傘ささないで楽しそうにしてるから
周りから奇異な視線をたくさんいただきましたよ。笑

それはインドの気候と関係してるんですよね。

インドって暑い国っていうイメージがありますけど、

日本の湿気っぽい暑さ、ありますよね?

インド人からしてみれば、
このむしむしした感じの方が
インドよりもよっぽどしんどいみたいです。

インドの暑さってすごいカラッとしてるんですよね。

湿気が少ないというか。

例えばデリーとか北部のインドでは40度くらいになる事があるわけですけど、
空気が乾燥しているから

「汗が出ていることに気づかない」

という事が
よくあります。

「汗かいてないから水分とらなくて大丈夫かなぁ」

とか勘違いしていると、
熱中症とかになっちゃうから気をつけないといけません。

グリーンダカラちゃんも
「汗かいてなくても水分補給してね、グリーンダカラで。」

みたいな宣伝してますよね。

CMの内容、全然覚えてないけど。笑

でも、
本当にその通りで、
インドって水分がなくてカラカラしているんです。

砂漠とかに似てるとも言えるかもしれませんね。

インドにも梅雨がある?

梅雨時期が日本にあるように、
インドにはモンスーンの時期があります。

このモンスーンの時期は天候がかなり不安定で
日本の台風が多い時期になんとなく
似てるかもしれませんね。

まさにゲリラ豪雨というか、
いきなり雨がものすごい降って、
信じられないくらいに道が川になっちゃう
なんてことよくあります。

しかも、
道が川になってるってことは、

当然、道のはじにある下水もあふれてくるわけですけど、
普段あの下水はもう目も当てられない水の色というか、

グレーなんですよね、水なのに。

めちゃくちゃ汚い。

で、その水が道に溢れてる。

だけど、
そこをあるかないと帰れない。

さぁ、どうしよう。

っていう葛藤はインドに住んでた日本人あるあるではないかなぁと思います。

それでも、
インドは農業大国と言われるくらい、
国内総生産(GDP)を占める農業の割合が大きいです。

だから、梅雨くらいに雨が降ってくれた方が、
野菜は育つし、
暑さもしのげるし
良いことだらけなんですね。

でも、モンスーンの時期は注意が必要なんです。

何に注意するかというと、

ですね。

蚊。

あの、ぷーんって飛んでさしてくるやつ。

日本の蚊はさされても痒いくらいですけど、
インドの蚊はかゆいじゃあおわりません。

感染病があるんですね。

デング熱やマラリアなど
かを媒体に流行る伝染病。

だから、
かにさされないようにする工夫というのは
インドでは必須なんです。

とはいえ、
この蚊が媒体する感染症ですけど、
地域が限定されているようで、
モンスーンの時期にこのエリアには近づいちゃいけない
っていうローカルナレッジというか
井戸端会議の知恵袋みたいなものを持っていれば、
あまり心配しなくても大丈夫かも。

熱帯地域ではこういう蚊の媒体となる
感染症が多いから本当に気をつけたいものです。

虫除けスプレーとかもあるけど、
エッセンシャルオイル(精油)で
安全で安心なものを手作りしちゃうのもアリですね。

シトロネラっていう精油がありますけど、
そのエッセンシャルオイルをベースにして
虫除けスプレーを簡単につくれるし、
オイルを数滴たらしておいて、
アロマディフューザーつけておけば
虫がよってきづらいですから、

これはとても安心です。

効果はわからないけど、
インドでよくつかわれるお香、
特にチャンダンももしかしたら、
こういう虫除け的な要素を含んでいるのかもしれませんね。

インド人てあんまり蚊に刺されないというか、
インド人と日本人が一緒にいたら、
ほぼ確実に日本人の方がさされます。

それはスパイス香りがしみついてるからか、
お香のかおりがしみついてるからか、
そもそも別の問題なのか、
何が原因かわからないけれども、

なぜだかそういう事がおこるんです、不思議。

なんだか梅雨明け後の天気の話とはだいぶずれてきましたけど、
ここらへんで今日は終わりにしておきましょうか。

梅雨明けもそろそろですが、
その後のお天気は
暑くなりますから、
熱中症に気をつけましょうね。

なんてお天気キャスターみたいなフレーズですが、
ほんと熱中症は気をつけてくださいね。

ではでは、
梅雨も梅雨明け後も楽しみましょうー。

よく似た記事はこちら♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ