スポンサードリンク

インド古典舞踊のカタックとは?動画付き

インドダンスシリーズ第二弾!

北インドを代表する舞踊です。

ちなみにインドには色々な古典舞踊があるんですけど、四大古典舞踊とよばれたりします。

インド四大古典舞踊とは、「カタック」、「バラタナティヤム」、「オリッシー」、「マニプリ」のことをいいます。
今回のカタックは北インドを代表するもので、2500年の歴史を持つ伝統的な舞踊の一つです。

もともと「カタカ」と呼ばれるヒンドゥー教の語り部たちの神への祈りから生まれたものと言われています。
カタックの特徴は背筋や足をまっすぐにのばして、軽やかな腕の動き、華麗なステップと旋回が特徴と言われます。

    一番特徴的なのは足首についた鈴ですね。

これはかなり特徴的です。
なんと100個以上の鈴がついていて、それでリズムをきざみます。

で、実際どんなダンスなの?

カタックの概要をしましたけど、なかなかイメージわかないですよね。
何個か動画を用意しました!

日本でカタックと言えば前田あつこさんが有名みたいですね。
AKBの前田敦子(まえだあつこ)ことあっちゃんと同姓同名で話題になりそうですね。

「本場インド人のダンスが観たい!」という場合はこちらですね。
足元にアップとかもあるので、観やすいですよ(*^^*)

ちなみにインドダンスをワークショップみたいな形で映像化してるDVDがありました!
ボリウッドなのでちょっと古典ダンスとは違うかもしれないけど、楽しそうですね。

ボリウッド・ワークアウト~インド映画のヒロインになって踊ろう! [DVD]

よく似た記事はこちら♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ