スポンサードリンク

インドの豚インフルエンザ予防対策!

どうも、こんばんはインディーです。

今回はインド旅行者向けの安全情報について話したいと思います。

2013年の2月、インドでは新型インフルエンザが流行っています。
いわゆる、豚インフルエンザというやつです。
いったいどんな病気で、どう対策したらいいのかを紹介しますね。

豚インフルエンザとは?

豚インフルエンザウィルスはH1N1型のブタの急性呼吸器疾患というものです。

なんだか「○○インフルエンザ」とかの動物の名前とインフルエンザが混ざると怖い印象がありますよね。
数年前に話題になった鳥インフルエンザはヒトへの感染率は低いものの、致死率が高いインフルエンザウィルスでした。

だけど、豚インフルエンザは少し違って、軽症であるとされています。
どちらのインフルエンザウィルスもヒトでの免疫がないから、一度ヒトに感染すると爆発的にひろまってしまうそうです。
だから、健康被害もさることながら、社会的な影響がとても大きいんです。

インドでは感染者は急増しており、1月から2月までの間に100人以上の死亡が確認されています。
感染者は600人を超えており、北部のラージャスタン州や首都のニューデリーでも死者がでています。

僕の印象では、インフルエンザで高熱が長引いて、病院に行けなかったり十分な設備が整っていない田舎の人たちが亡くなっているのかなというところです。

a0002_007510

インフルエンザ対策と予防

インフルエンザにかかってしまったら病院に行くしかないですが、予防なら色々な方法を使ってできますよね。

基本は手洗いとうがいです。

しっかりと日本で習慣づけておけば、あなたがインドにいっても安心です。
「水道水でうがいするのが怖い」という人もたまにいます。
日本のように水がきれいではない場合がほとんどなので、間違えて飲んでおなかを壊してしまうからですね。

そういうときはペットボトルの水を買ってうがいすると良いと思います。
買った水でうがいするなんてもったいないと思う事があるかもしれませんが、おなか壊して旅行できない方がよっぽどもったいないです。

うがいしても、てあらいしても、まだ不安な場合はアルコールなどの殺菌がいいです。
この商品を買って小分けにしてインドに持っていくと使いやすくて便利です。

食前やホテルに帰ってきたら、簡単にスプレーで除菌できて便利ですね。
日本でもインフルエンザや風邪がはやっているこの時期には重宝します。

よく似た記事はこちら♪

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ