スポンサードリンク

チャクラとは何かやさしく考えてみよう☆

どうもー

インディーです。

インドブログの更新がなかなか滞ってますねー。

1ヶ月に1回くらいしか更新してないんじゃないかって感じですが・・・笑

でも、ありがたいことに、毎日けっこーアクセスしてくれる方がいるので、何か書こうといつも思ってるんですけどね。

色々考えたりはしてるんですけど、今のところ、僕がメインで運営している英語学習のブログとメルマガに連動する形で更新していこうかなーと思います。

インドでみつけたおざしき英語はこちらから

で、今日はチャクラについて少しお話してみようと思います。

チャクラとは何かっていうタイトルなんですけど、学問的な内容はウィキペディアとか、専門的な本がいくつもあるのでそこらへんを参考にしてもらえればなーと思うんだけど、僕はもっと日常的なレベルでお話しようかな、と。

まず、チャクラっていうのは古代インド哲学から来てる考え方で、日本語だと法輪っていうみたいね。

リグヴェーダっていうインド最古の教典にもチャクラって言葉がでてくるよね。

あの、インドの国旗にある真ん中にあるやつ。

そのチャクラ(法輪)っていうのを武器にして、古代のインドの神々は戦ったそうな。

なんか、これ聞くとあれ思い出すよね。

ファイナルファンタジー9にでてきた、サラマンダー(だっけ?)の武器。

チャクラって輪っかの投げる武器があったようなー。

まぁまぁ、そんな昔話は置いておいて、じゃあ、僕らってチャクラを知ってどうなるの?ってところを知りたいよね。

で、チャクラってそもそもなんなのか、Googleせんせーに聞いてみようと思います。

おしえて、ぐーぐるせんせー!

チャクラ(サンスクリット: चक्र)は、サンスクリットで「車輪・円」を意味する語。漢訳は「輪」(りん)、チベット語では「コルロ」(khorlo)という。インド起源の神秘的身体論における、物質的な身体(粗大身)と精微な身体(微細身)にある複数の中枢を指す[1]。

なるほどなるほど、さすがグーグル先生ですね。

インド起源の神秘的身体論における、物質的な身体と精微な身体にある複数の中枢を指す、と・・・。

いや、わからねーーー。

ってなっちゃうよね。

簡単に言うと、体の真ん中にチャクラっていうポイントがあるってことだよね。

で、これをわかりやすく、色にわけてるというか。

crown-brow-throat-chakras-rajasthan-18th-century_l

大きく分けると7つに分けられるそうで、

白(紫)

この7つのバランスを整えることで体の健康だったり、エネルギーの流れが良くなってくるそうな。

で、この7つの色に分けているっていうのが、すごいおもしろいんだよね。

それぞれ意味がたくさんあって、対応した色もあったりして、かなり奥が深い。

で、これを一つずつ今度は考えてみようかなーと思います。

どれくらい時間が取れるか未知数なんだけど、もし、それぞれの色の意味について知りたいよーって人がいたら、コメント残してくださいー。

一つでもコメントがあれば続きを書いてみようかな、と。

ではでは、コメントお待ちしておりますー☆

よく似た記事はこちら♪

スポンサードリンク

3 Responses to “チャクラとは何かやさしく考えてみよう☆”

  1. aoi より:

    インディーさん、こんにちは。
    色にとても興味があります。
    夜眠る前に、本や雑誌を読むのが楽しみなのですが
    極度に疲れている時など
    色に関するお気に入りの本を見ます。
    フーッと落ち着き、リラックスできるのです。。。
    色には癒しの力があるなぁ。。。と感じます。

    インドにもとても興味があります!
    続き楽しみにしています~♪
    どうぞよろしくお願いします。

  2. Tetsuya Yamamoto より:

    関西の大学生でインド留学を考えているのですが、どこの会社がオススメとかありますか?

    もしよろしければメールにて教えていただければ幸いです!

    • インディー より:

      コメントありがとうございます。

      会社経由ということは語学学校ですかね?
      新宿あたりに語学学校斡旋会社がいくつかあるみたいですけど、正直なところおすすめの会社はありません。

      自分で学校を探して直接連絡取った方が英語の力もつくし、納得した学校選びができるんじゃないかと思います。

      費用を気にしない場合は関係ないのですが、個人で手続きすれば年間で10万円かからない場合でも、斡旋業者を使うと3倍~10倍くらいの金額になります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ